• アクセス

 

2023-24 SEASON

2024.02.11
B.LEAGUE 2023-24 SEASON 第21節 GAME2【HOME】
神戸ストークス VS. 青森ワッツ
会場:ワールド記念ホール/2412人

神戸ストークスは昨年のチームメイト、ジョーダン・ハミルトン選手擁する青森ワッツとのホームゲーム対戦。
GAME1はリードする展開ながらも青森の追撃に逆転負けを許した。
スッキリ勝利したいGAME2だったが、開始から青森ペースの展開。
ストークスはディフェンスの連携が噛み合わず、前半で19点ものリードを許した。
3Qからはトレイ・ポーター選手の豪快なダンクやマックス・ヒサタケ選手のスティール。

外からは金田選手の3Pが決まりだしてストークスが怒涛の追い上げを見せてくれた。
4Qからは一進一退の攻防が続いたものの、ラスト2:48に綱井選手の3Pで同点に追いついた。
しかし、マックス・ヒサタケ選手のファールアウトで攻撃の要を失い、
青森の粘りで得点が伸びずに悔しい2連敗を許す結果となってしまった。

【1Q終了】神戸 16-22 青森
【2Q終了】神戸 31-50 青森
【3Q終了】神戸 62-66 青森
【4Q終了】神戸 81-86 青森

勝ち越しのかかった大切な対戦だったが、18勝21敗となる負け越しを許した。
ワールド記念ホールのホームゲームでなかなか勝利できないストークス。
大勢のブースターの期待になかなか応えることのできない惜敗が続いている。
ラスト20試合。このまま終わらないことを信じ、東亜金属は神戸ストークスを熱く応援します!



2024.01.28
B.LEAGUE 2023-24 SEASON 第18節 GAME2【HOME】
神戸ストークス VS. 岩手ビッグブルズ
会場:ワールド記念ホール/4313人

神戸ストークスのホームゲーム。先週に続きワールド記念ホールにて観戦。
岩手ビッグブルズとの負けられない対戦だったが、GAME1では最終4Qまで競り合いが続いたものの、
岩手に何度もスティールを決められて得点できず、最後は引き離されて無念の敗北。

連敗できないストークスは、前日のうっぷんを晴らすかのように綱井選手の3連続3P成功や
ポーター選手と新加入のマックス・ヒサタケ選手によるゴール下からのシュートが決まり、
4Qではリードを広げて岩手から勝利をもぎとった!

【1Q終了】神戸 20-11 岩手
【2Q終了】神戸 39-36 岩手
【3Q終了】神戸 63-54 岩手
【4Q終了】神戸 85-70 岩手

連敗を7でストップさせたストークス。プレーオフ進出まで首の皮1枚で繋がった。
B1出身マックス・ヒサタケ選手の活躍により、息を吹き返すことができた。
今後の内容に期待して、東亜金属はこれからも神戸ストークスを熱く応援します!!


2024.01.21
B.LEAGUE 2023-24 SEASON 第17節 GAME2【HOME】
神戸ストークス VS. 熊本ヴォルターズ
会場:ワールド記念ホール/4408人

今シーズン後半戦。今年初となるワールド記念ホールでのホームゲーム。
強豪熊本ヴォルターズを迎え、ハードな展開が予想された。
前日のGAME1では、外国人選手不在のストークスは善戦するも敗北となった。

ポーター選手復帰となるGAME2。1Qは一進一退となる互角の展開。
しかし、2Qからは熊本の攻守が噛み合い、リズムを崩したストークスは徐々にリードを広げられる苦しい内容。
フルメンバーの熊本に対し、外国人2人不在ではやはり分が悪すぎた。
最後まで熊本の勢いを止めることができず、20点差の敗戦となってしまった。

【1Q終了】神戸 21-20 熊本
【2Q終了】神戸 36-44 熊本
【3Q終了】神戸 49-65 熊本
【4Q終了】神戸 69-89 熊本

今シーズン初の6連敗となったストークス。
静岡と奈良に並ばれ、14勝18敗となる同率の4位となってしまった。
外国人選手のケガに泣かされフルメンバー揃わない厳しいシーズン。
東亜金属はいい時も厳しい時も神戸ストークスを熱く応援します!!


2023.11.26
B.LEAGUE 2023-24 SEASON 第9節 GAME2【AWAY】
ベルテックス静岡 VS. 神戸ストークス
会場:静岡市中央体育館/2083人

静岡に足を運んでのAWAY観戦。開幕戦で2連勝した対戦相手だったが、
雪辱を果たしたいベルテックス静岡の満員に埋め尽くされた会場は熱狂的なブースターと共に強い熱気に包まれた!
前日のGAME1では、4Q終了間際にトーマス・ブロープレー選手の3Pで無念の逆転負けとなってしまった。
リベンジしたいGAME2だったが、この日の静岡は3Pがよく決まり、最大20点のビハインドを許す展開。
決死の攻勢で4Qでは2点差までに追いついたストークスだったが、
静岡の神がかり的な3P炸裂によってリードを広げられ、悔しい2連敗を喫することとなってしまった。

【1Q終了】静岡 25-19 神戸
【2Q終了】静岡 50-33 神戸
【3Q終了】静岡 66-53 神戸
【4Q終了】静岡 87-80 神戸

開幕二連勝の対戦相手にリベンジを許してしまった神戸ストークス。
厳しい結果となってしまったが、このままでは終わらないだろう!
今後の巻き返しを信じて、東亜金属は神戸ストークスを熱く応援します!!

うなぎの名店。満席のはら川に並んで食べたうな重 最高だった!


2023.11.05
B.LEAGUE 2023-24 SEASON 第6節 GAME2【HOME】
神戸ストークス VS. 滋賀レイクス
会場:ワールド記念ホール/2224人

神戸ストークスのホームゲーム第5戦目は昨季B1の滋賀レイクスを迎え、西地区の関西ダービーとなった。
昨日は滋賀に前半20点差をつけられたが、後半驚異的な追い上げを見せるも一歩届かずの惜敗。
リベンジに燃える本日、ホームで連敗できないストークスは並々ならぬ気合いが感じられた!
B2得点王のキャロライン選手に期待したいところだったが、本日は出場できないコンディションだったようだ。
Cに入った新外国人の助っ人ナイジェル・スパイクス選手に期待するも、FGもFTも入らずチャンスをモノにできない。
従来メンバーにフォローを期待するも、FTを連続ではずす選手続出で厳しい状況。
ストークスのミス後、2Pも3Pもキッチリと決め続ける滋賀が得点を重ね、前半は最大14点のビハインド。
このまま終われないストークスは杉山選手の激しいディフェンスで差を縮め、9点差で後半に繋げた。
攻勢をかけたいところ、全メンバーが粘りをみせて連続ポイントで詰め寄るが、滋賀も要所で反撃。
意地を見せたいストークス。2点差のラスト1分でマイボールのはずが疑惑判定で滋賀にFTを奪われた。
2本共にキッチリと決められ、反撃及ばずに力尽きることとなってしまった。

【1Q終了】神戸 14-18 滋賀
【2Q終了】神戸 30-39 滋賀
【3Q終了】神戸 51-56 滋賀
【4Q終了】神戸 67-71 滋賀

今季初の同一カード二連敗をホームで許してしまった神戸ストークス。
キャロライン選手の不在とスパイクス選手の不調が勝敗を分ける厳しい内容となってしまった。
ホームではどうしても強さを発揮できないが、全メンバーの最後まで諦めない気迫がしっかりと伝わった!
悔しい結果にしっかりと向き合っていただき、たくさんの課題を克服していただくことだろう。
次節の勝利を信じて、東亜金属はこれからも神戸ストークスを熱く応援します!!


2023.10.29
B.LEAGUE 2023-24 SEASON 第5節 GAME2【HOME】
神戸ストークス VS. 越谷アルファーズ
会場:ワールド記念ホール/4446人

神戸ストークスのホームゲーム3連戦の最終日は東地区の強豪、越谷アルファーズとの対戦となった。
前日は最大15点差から追いつき、延長の末に劇的な勝利を掴み取ったストークス。
勢いそのままに連勝といきたいことろだったが、この日の越谷はめちゃめちゃ強かった!
日本代表の井上選手やB1から来た笹倉選手や喜多川選手、LJ・ピーク選手まで加わった今季の超大型補強。
越谷は既存メンバーと新メンバーの連携が噛み合い、前日のフラストレーションを晴らすゴールラッシュ!
ストークスがシュートをはすずし、リバウンドを制した越谷がターンオーバーからの得点を積み重ねる展開。
攻守が噛み合わず、最後は30得点ビハインドとなり、今季初となる大差の敗北となってしまった!

【1Q終了】神戸 12-20 越谷
【2Q終了】神戸 30-41 越谷
【3Q終了】神戸 40-63 越谷
【4Q終了】神戸 49-81 越谷

厳しいゲームとなった神戸ストークス!長期のシーズンではこんな場面もあってしかり。

課題をしっかりと修正して、開幕6連勝の強さを取り戻してくれることを信じたい。
強豪との厳しいゲームが続くが、いい時も悪い時も、東亜金属は神戸ストークスを熱く応援します!!


2023.10.25
B.LEAGUE 2023-24 SEASON 第4節 GAME1【HOME】
神戸ストークス VS. ライジングゼファー福岡
会場:ワールド記念ホール/3710人

神戸ストークスのホームゲーム開幕戦が満を持していよいよ開催された。
神戸港の新アリーナが完成するまでの本拠地となるワールド記念ホールには、
この日を待ちわびた約3700人のブースターが押し寄せ、試合前から熱気に包まれました。

AWAYにて開幕6連勝で首位となり、波に乗るストークス。相手は同西地区2位のライジングゼファー福岡。
兵庫県斎藤知事による激励の挨拶からはじまり、地元開催として、負けられない強い決意を胸にTIP OFF!

序盤はビッグマン中西選手がゴール下で強さを発揮してくれた。
更に、キャロライン選手が相手ボールを奪って豪快なダンクシュートで会場を沸かせた!
ストークスのリードで進めたいところだったが、2Q終盤、ファールやミスを重ね、福岡の7点リードで前半終了。

後半はキャプテン道原選手が鋭いドライブインで自ら得点。 華麗なアシストも決まり、多彩なプレーで観客を魅了してくれた。
地元ファンに勝利を届けたいストークスだったが、シュートの精度を欠いて常に追いかける苦しい展開。
試合終盤まで粘りを見せたものの、ホーム開幕戦に敗れ、今シーズン初黒星を喫っすることとなってしまった。

【1Q終了】神戸 15-15 福岡
【2Q終了】神戸 29-36 福岡
【3Q終了】神戸 52-58 福岡
【4Q終了】神戸 70-77 福岡

ホーム初勝利は次回に持ち越しとなってしまった神戸ストークス!
実力を発揮できず、接戦をモノにできなかったが、新生ストークスはまだまだ発展途上。

悔しさをバネに次回は期待に応えてくれるだろう!東亜金属は神戸ストークスを熱く応援します!!


2023.10.15
B.LEAGUE 2023-24 SEASON 第2節 GAME2【AWAY】
バンビシャス奈良 VS. 神戸ストークス
会場:ロートアリーナ奈良/2709人

神戸ストークスのホームゲーム前にAWAY奈良の地に足を運んで今シーズン初観戦。
ホーム開幕戦2日目となるロートアリーナは満員のブースターで埋め尽くされた。
新生ストークスの雄姿を神戸での開幕を待ちきれないたくさんのストブーが駆けつけた心強いAWAYゲーム。
ホーム開幕に連敗できない奈良に対し、ストークスは昨日の勝利の勢いそのままに4連勝といきたい一戦。

元チームメイトであるムボジ選手とのマッチアップを期待したところだったが、残念ながら出場できず。
新加入のキャメロン・ジャクソン選手を警戒したいところだったが、開始2分弱で負傷により退場。
外国人が元ストークスのハインズ選手のみとなり、奈良にとっては酷なゲームとなってしまった。

こうなるとストークスの勢いに拍車がかかり、終始ゲームを支配し続けた。
シュートがよく入って攻守のリバウンドも奪い続ける展開。キャロライン選手とポーター選手にお手上げのバンビシャス奈良。
最後は主力温存となり、大量リードで勝利を決めたストークス。開幕4連勝となった!


【1Q終了】奈良 17-25 神戸
【2Q終了】奈良 27-44 神戸
【3Q終了】奈良 46-68 神戸
【4Q終了】奈良 58-96 神戸

今季の強さを改めて証明してくれた神戸ストークス!
勝ち切る強さ。キャロライン選手の破壊力とポーター選手のリバウンド。そして、選手層の厚さがたまらない。
AWAY6連勝で神戸の開幕戦を迎えてくれる高い可能性!東亜金属は今季も神戸ストークスを熱く応援します!!


2023.10.4
B.LEAGUE 2023-24 SEASON 第1節 GAME1【AWAY】
ベルテックス静岡 VS. 神戸ストークス
会場:静岡市中央体育館/2027人

神戸ストークスとしての初陣!アウェイ静岡での開幕戦をバスケットliveで観戦。
トレイ・ポーター選手34得点の大活躍!新加入のジョーダン・キャロライン選手とカロンジ磯山選手による好プレイの連続!
そして、道原選手と谷選手が安定感抜群のプレイはじめ、全メンバーの活躍が光り輝いた。
1点差で迎えた4Qラスト13秒。綱井選手が試合を決めるフリースロー2本成功!大接戦の末、見事な勝利に酔いしれた!

【1Q終了】静岡 17-17 神戸
【2Q終了】静岡 37-42 神戸
【3Q終了】静岡 65-64 神戸
【4Q終了】静岡 89-92 神戸

神戸ストークスはめちゃめちゃ強かった!
抜群の破壊力と安定感で連勝街道を突き進んでくれるだろう。
新シーズンの輝かしいスタート!東亜金属は神戸ストークスを熱く応援します!!

※画像をクリックすると拡大表示できます。

2023.7.28
神戸ストークス 道原選手&綱井選手ご訪問!

東亜金属スクラップセンターに神戸ストークスの道原選手と綱井選手にご訪問いただいた。
7/28(金)の昼下がり。午前のチーム練習を終えて両選手が到着されると、工場メンバーで大歓迎のお出迎え。

両選手は金属のスクラップで溶接した手作りのバスケットゴールとご対面。
驚かれたことと思いますが、こうなるとやはりプロの3ポイントを見てみたい工場メンバーの期待が高まります。

気温35℃を越える炎天下の屋外。悪条件重なるメチャ振りでしたが両選手にチャレンジいただいた。
道原選手。感覚をつかむための1投目をはずすも、「2投目は絶対決まる」との宣言後に見事ゴールイン!
続く綱井選手も1投目に跳ね返ったボールを2投目で見事なゴールを決めるという最高のパフォーマンス。
凄い!凄すぎる!!プロの技術を目の当たりにした工場メンバーは興奮と歓声に沸いた!

ストークスのユニフォームやのぼりを飾った事務所でナイスガイの両選手と和やかに談話を楽しみ、
道原選手からは昨シーズンに使用したユニフォームをプレゼントいただき、事務所の壁にサインしていただいた。

道原選手と綱井選手ありがとうございました。ご訪問に心より感謝します!
神戸に本拠地を移して心機一転。東亜金属一同、今シーズンも神戸ストークス熱く応援することを誓います!!!


 

2023-24 SEASON

^
Pagetop